2010年09月15日

エンジェルカードの公式サイト

エンジェルカードって、最初は下らない占いの一つだと思っていたのですが、エンジェルカードって、案外奥深いんですね。
というか、いくらでも自分で自分の世界を広げられる、それがエンジェルカードではないかと思います。
なんてね、実は私、まだオラクルカードを始めて1ヶ月ほどの思い切り初心者なんですけどね。
たまたまエンジェルカードの作者として名を博したドリーン・バーチュー博士の著書を読んでね。
それから、少しずつ天使のお告げというものに興味を持ち始めたんですよね。
となると、その天使のお告げの総まとめがエンジェルカードになる訳で、とうとう購入にいたったという訳です。
私がたまたま読んで心を動かされた本というのは、博士の代表作の一つ「ピンチをチャンスに変える」。
普通なら、そういうカードに興味を持ったら、取り敢えずカードそのものを買うでしょう。

エンジェルカードの作者であるドリーン・バーチュー博士の書籍は、流石にエンジェルカードの生みの親という感じ。
天使に関する素晴らしい作品が多くて、エンジェルカードがどんなものなのか、とてもよく伝わって来ます。
うまく言えないんだけど、本当に私たちのごくごく身近なところに天使はいるっていう確信が持てちゃうっていうの。
彼女が買った本を読んで、それから著者のドリン・バーチュー博士に興味をもって、公式サイトを覗いて、最終的にカードを買った訳ですから。

エンジェルカードの作者であるドリーン・バーチュー博士の公式サイト、そこには、当然の事ながら、エンジェルカードの紹介もされています。
と言うより、エンジェルカードをはじめとするオラクルカードや彼女の著書、それにイベントの案内が主流です。
ただね、その文面の端々に、ちょっぴり素敵なメッセージが隠されているような気もしないでもないんですよね。
ただし、これはあくまでも私の個人的主観であって、有人は、それほど重要視はしていないようですけどね。
まあ、このドリーン・バーチュー博士の公式サイトはさておき、エンジェルカードの話題は、ネットの中には沢山載っています。
posted by AXL at 17:47| Comment(0) | 出会い 恋愛 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

エンジェルカードの無料占いサイト


事の発端は、たまたま見付けたネットのエンジェルカード無料占いサイト。
物は試しとばかりに、適当にクリックしたところ、意外と欲しかった答えが出て、もうビックリですよ。
エンジェルカードって、やっぱ噂通り、結構当たるんだぁって思いましたね。
だって、インターネットを開けばいつでも自由にフリーにカードが引けちゃうんですよ。
1組3,000円もするエンジェルカードを買う気にまでは中々なれないんですよね。
まあもっとも基本的なエンジェルカードの使い方と言えるでしょう。
しかし、何度か引いて、トータル的なメッセージをリーディングする事だって出来ますよ。
私は最近、目を瞑って、適当に上下矢印でエンジェルカードを選び、「占う」をクリックする事にしています。
それでも、タロット占いには一度もはまった事のない私がここまで関心を示しているんですから、自分的にはそれなりの魅力あるカードだと認めているんですよ。
そう言えば、最近、iPhoneアプリの中にも、このエンジェルカードのアプリが登場したんですね。
残念ながら、こちらは無料ではありませんが、iPhoneだけでなく、iPodやiPadでも楽しめるそうですから、それなりに購入する価値はあると言えるでしょう。

エンジェルカードの無料占いサイトはパソコンがなければ楽しめませんが、iPhoneのエンジェルカードアプリなら、いつ、どこででもカード占いが出来ますよね。
仲間が大勢集まるパーティー会場や飲み会の席で、エンジェルカード占いをしてみせると受けるかも知れません。
ただし、結婚式の二次会などではやめた方がいいでしょうけどね。
勿論、エンジェルカード占いの結果によっては大いに盛り上がると思うのですが、その場に会わないカードが出たら大変でしょうから。
という事で、占い好きな人も、それほどでもない人も必見、ドリーンバーチュー博士の出しているエンジェルオラクルカードは、思いの他楽しめるかもです。
もし興味を持たれたら、そのエンジェルカードの無料占いサイトで一度試してみられるといいでしょう。
また、個人の人が運営しているブログやサイトにも、オラクルカードに関する情報は沢山掲載されています。
posted by AXL at 17:47| Comment(0) | 出会い 恋愛 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

エンジェルカードの種類

エンジェルカードは、オラクルカードの一種で、正確にはオラクルエンジェルカードとか、エンジェルオラクルカードなどというそうですね。
あっ、フェアリーっていうのは妖精で、マーメイドっていうのは人魚、そして、ドルフィンっていうのはイルカ、ユニコーンっていうのは、伝説の生き物ね。
天使に妖精、人魚にイルカ、そして、空想の生き物ユニコーンって、なんだかとっても可愛いイメージがしませんか。
ただ、エンジェルカードは全部で44枚だから、44人の天使が居るっていう事でしょう。
全部の天使の名前を覚えるだけでも大変そうだし、ましてや、そのカードの持つ意味まで極めようと思ったら、かなりの時間がかかりそうですね。

エンジェルカードはタロットカード以上に的中率が高く、エンジェルカードは面白い。
全ての天使の名前とカードの持つ意味を覚え、的確なメッセージを得る。
それがエンジェルカードマニアの鉄則で、リーディングがうまくなればなるほど面白さは増し、はまっていくのが一般的なようです。
しかも、エンジェルカードには、1と2の2種類があって、両方を一度に使って居る人も多いようですね。
後、エンジェルカードとフェアリーカード、あるいは、ユニコーンカードといった形で、違う種類のオラクルカードを併用するのも人気だとか・・・。
そうなると、益々キャラクターの名前や言葉を覚えるのが困難になるようにも思うのは私だけでしょうか。

エンジェルカードをはじめとするオラクルカードは種類が多いからエンジェルカードは面白い。
それが、エンジェルカードファンの基本的な考え方のようですが、はまった理由としては、やはり的中率。
まあ占いではなく助言ではありますが、とにかくよく当たるそうですね。
初めてエンジェルカードを引いた時にもらった的確なメッセージが自分を救ってくれたから、マニアになったという人もわんさかいます。
未だにタロットカードすらやった事がない人ですから、当然エンジェルカードも未経験です。
ただ、誰だって、自分の中に答えは持っていても、誰かにそれを引き出して欲しい、そう思う時ってあるものじゃないですか。
エンジェルカードの概要や種類、使い方などは、占いや趣味を中心としたブログやサイトに多数掲載されています。
別に悪い遊びではないと思いますし、もし興味を持たれた方は、一度覗いてみられてもいいのではないでしょうか。
エンジェルカードが新しい言葉とともに、眩しい光を照らしてくれるかも知れませんものね。
posted by AXL at 17:47| Comment(0) | 出会い 恋愛 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。