2010年01月30日

結婚式の祝電のマナー

結婚式の祝電で基本的な常識として覚えておきたいことは、マナーになってくるかもしれませんから、身につけておきたいですよね。
たとえば結婚式の祝電なのに「割れる」「切れる」と言う言葉が、使ってはいけない言葉だとご存知の方も多いことでしょう。
実はそれだけではなく、結婚式の祝電では「重ね重ね」「繰り返し」と言う言葉も、離婚・再婚を思わせるので使ってはいけないのがマナーです。

結婚式の祝電のマナーは、祝電自体が短いものなので、見落とされがちなのですが、いわゆる「暴露話」も違反になります。
素直に祝福の言葉を探しながら、その中から「忌み言葉」を避けて作るのが結婚式の祝電におけるマナーなのです。
結婚式というものはパーソナルなものですから、結婚式の祝電の内容が身内受けと言う場合もマナー違反になります。
「無難で厭だな」と感じるくらいの結婚式の祝電のほうが、実際には好まれていますし、マナーからも外れません。
それだけ結婚パーティーならいざ知らず、もっと格式があがるのが結婚式ですから、結婚式の祝電もある程度は常識に沿ったほうがマナーにかなっています。
マナーを面倒に感じる方も大勢いらっしゃるかもしれませんが、これをきちんと踏まえていないと人格を疑われるのが結婚式の祝電なのです。

結婚式の祝電の達人になってきますと、マナーを踏まえながらも、うまくユーモアを交えて送れるようになります。
また結婚式の祝電のマナーで忘れてはいけないのは、下ネタを織り込んで、笑いをとろうとすることはいけない、ということです。
結婚式の祝電で下ネタなどを織り込んだ場合、もっと人格を疑われますし、出席者に不快感を与えてしまう危険性もあるからなのです。
ところが最近は意外と結婚式の祝電のマナーに無頓着な方も増えていますから、自分が公の場面で送られたら困る、という内容は避けるべきですね。
posted by AXL at 17:47| Comment(0) | 出会い 恋愛 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

結婚式の祝電に使えるネタ

結婚式の祝電に、新郎・新婦がつい微笑んでしまうようなネタを織り込みたいとお考えになっている方が大多数ではないでしょうか。
絶対に新郎・新婦に受けるだろう、と結婚式の祝電にネタを織り交ぜたら、逆に失礼になってしまう場合も少なくはありません。
また晩婚化も進んでいますから、結婚式の祝電に今までポピュラーに使われていた「早く元気な赤ちゃん」というネタも使いにくくなりました。
つまりユーモアのつもり、激励のつもりでおりこんだネタが失礼になったり、深い課員を与えることもあるのが結婚式の祝電なのです。
特に面白いかもしれませんが、結婚式の祝電のネタに新郎・新婦の個人的な情報を使うというのはタブーになっていきます。
最近はさまざまなことがカジュアルになり、結婚式の祝電にも受けるためのネタを入れたいのはわかるのですが、かなりの高等テクニックが必要になってきます。
その結婚式の祝電に織り込むネタをうまく、どんな方も幸せな気分にさせるものを選んで送れる方は相当な文才と言っても良いでしょう。
このような理由もありますから、結婚式の祝電にネタを入れるとしても、どのような立場の方も幸せな気分にさせるものでなければなりません。
結婚式の祝電についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、結婚式の祝電に使えるネタをあれこれ探してみましょう。
つまり「笑いを取る」という方向ではなく、「感動させる」方向でネタを探していくと、見つかりやすくなるのが、結婚式の祝電です。

結婚式の祝電に使えるネタで会社の同僚が送ったものですが、「当社は完璧な管理をしておりますので、保証つきです」というものがあります。
この結婚式の祝電で使われたネタはかなり好評で、新郎側も新婦側も非常に嬉しく、また面白く感じられたと言います。
また新郎・新婦の上司に当たる方の送った結婚式の祝電には「もしも取り扱いにお悩みでしたら、いつでもご相談ください」というネタがあったそうです。
posted by AXL at 17:47| Comment(0) | 出会い 恋愛 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

結婚式の祝電を友人から送るマナー

結婚式の祝電を友人として、新郎・新婦に送る場合は、色々と複雑になってくる場合もあるかもしれませんよね。
その際に結婚式の祝電を、と考えることになるわけですが、友人だから、とあまりにふざけている内容にすることはおすすめできません。
やはり目上の方も出席している中で読み上げられるのが、結婚式の祝電になっていることを忘れてはいけません。
そのために友人として素直に祝福する言葉を選び、少々ユーモアが足りないかな?というくらいが結婚式の祝電にはふさわしいかもしれません。
新郎・新婦が緊張していることを慮ってユーモアを交えたいのもわかりますが、度を越してはいけないのが結婚式の祝電です。

結婚式の祝電を友人の立場から新郎・新婦に送るのであれば、祝福されるお二人が喜ぶ内容の文例にしたいものですよね。
また結婚式の祝電は思っているよりも短い文章にまとめていく必要もありますから、簡素にまとめていく必要も出てくるのです。
友人である自分なりの祝福の言葉を色々考えて、結婚式の祝電という形にして、新郎・新婦に送るようにしたいものです。
結婚式の祝電についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、友人から送るべき結婚式の祝電についても調べてみましょう。
友人と言う立場はなかなか難しい場合も少なくはないのですが、やはり素直で暖かい言葉つづり送りたいのが結婚式の祝電です。

結婚式の祝電では友人が送る場合、式に出席できない理由を述べる必要はないようで、ただ祝福の言葉だけで良いようです。
しかしあまりにも新郎・新婦と親しい間柄の友人である場合、結婚式の祝電にもその雰囲気や気分が出てしまうかもしれませんね。
そのために友人が結婚式の祝電を打つという場合は、より気を配っていく必要が出てきますから、砕けすぎないように気をつけましょう。
posted by AXL at 17:47| Comment(0) | 出会い 恋愛 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。